無料 アクセス解析RMT

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント


カテゴリー


ブログ


クロスバイク


有名人ブログ


釣り


旅行


スポーツ


リンク


FC2カウンター


最近の記事


月別アーカイブ


プロフィール

ボス

Author:ボス
FC2ブログへようこそ!


最近のトラックバック


FC2アクセスカウンター2


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:自転車(クロスバイク)
   
しばらく更新を怠っておりましたが
まずはクロスバイクの記録から。
もちろん前回の記録からの累計です。
   
    
*****クロスバイク記録*****
    
走行時間: 15時間52分46秒 
走行距離: 273.33km
平均時速: 17.2 km/h
最高速度: 35.7 km/h
積算距離: 1541.9km(2007.10.28より)
    
   
ついに1500kmを突破しました。
   
当面の目標は距離では無く、回数。
今のところ目標は200回の通勤を行うこと。
現在40回を少し超えた程度です。
あと残り約160回。
出勤日数は月に20前後ですが、
全て天気が晴れるわけも無いですし、
何か用事があることも考慮すると
自転車での通勤は月に15回前後。
よって、目標までは
あと11ヶ月ぐらいはかかると思われます。
  
さて、200回となると距離的には
7000kmぐらいになります。
それだけ走れば不測の事態(パンク)が
起こることも想定しておかなければなりません。
    
現在のところ、「瞬間パンク修理剤」という
空気を同時に入れられるスプレー缶のような
ものを持って走っております。
この「瞬間パンク修理剤」はタイヤチューブ内に
空気入れ口から注入し、修理剤(ジェル状?)が
チューブ内部のパンクした穴から出ると固化すると
いうものです。
裂けたような大きな穴には対応できませんが、
ちょっとした釘穴のようなパンクには
有効なようです。
画像はこちら↓
IMG_1098.jpg

    
実際に使ったことは無いので本当に
不測の事態に対応できるのかは
不明なんですが、少なくとも
万が一の不測の事態に対応できるかもしれない?
という心の支えにはなっています。
若干、心細くはありますが。
   
ちなみに、この「瞬間パンク修理剤」は
英式バルブ用なので、フレンチバルブの
私のクロスバイクには、そのままでは使用できません。
「瞬間パンク修理剤」を注入するために
フレンチバルブを英式バルブに変える金口も
一緒に持っています↓
IMG_1099.jpg

    
    
しかし、実際にパンクしたときに、
本当に対応できるのかどうかも分からない
「瞬間パンク修理剤」に
いつまでも頼っているわけにもいきません。
    

まずはタイヤチューブぐらいは持っていたほうが
良いだろうと思い自転車を購入したお店に
見に行きました。
店員さんも私のことを覚えてくれたらしく、
自転車の調子のこと等を聞いてくださいます。
しばらく話し、パンクの際の対処法のことを
告げると、今度チューブの交換を
一緒にやってみましょうと言って下さいました。
    
この日は、タイヤチューブとタイヤレバーを
購入して帰りました↓
IMG_0017.jpg

   
   
あつかましいのですが、さっそく後日
お店を訪れ、タイヤチューブの交換方法を
習ってきました。
    
不安ではありますが、なんとなく覚えられた
ような気がします。
   
自転車乗りとしてのレベルが少しだけ
あがったように思っています。
ただ、いざ本当にパンクした際に交換できるかは
まだまだ不安です。
   
忘れないうちに休日に自宅でもおこなってみました。
    
その模様は、また次回。
   
   



スポンサーサイト
コメント

これが噂の「瞬間パンク修理剤」ですね。
「破損部分に吹き付ける」というのを想像していましたが、
実際は空気入れから注入するもんなんですね。
どんな原理で破損がなおるんだろう??

わが家は、未だ修理セットを買っていないのですが(恥)
パッチみたいなものを考えていました。
チューブ交換にするとタイヤレバー+チューブで足りるんですね。参考になります。

~くろばいさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですよ。これが例の「瞬間パンク修理剤」です。
ホントに瞬間かどうか分かりませんけど。
チューブの中に注入して、注入後、直ちにタイヤを高速回転させ、遠心力でチューブ内部のヘリに溶剤をへばりつかせるみたいです。
へばりついた溶剤がパンクの穴から外に出るときに空気に触れて固化するみたいです。
本当にこんなので治るのかどうか分かりませんけど。応急処置としては良いかも。
でも、修理剤を注入したチューブは、あまり長く使用できないというようなことを聞いたことがあります。
チューブがちょっともったいないですけど、いざというときには仕方ないですね。
なにはともあれ、私にとっては御守りみたいなものです。

チューブとタイヤレバーは買ったんですけど、
今はまだ持ち歩いて(走って?)無いので意味の無い状態です。
次はサドルバックを購入しようと目論んでいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © BOSSの一日 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。